Search this site
性的虐待・レイプ被害の癒しについてお話しています。
<< 嫉妬ができるって素敵なこと | TOP | 自分のミスに笑います。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
性同一性障害とも戦うことをやめた (体験談)
 
 
先日、久しぶりにお会いし、お話しすることができたクライアントさん(〃^ー^〃)

気づかれたことが凄いな・・・と、思ったことがあったのでお話しをさせてもらいます。

 


(ここで、このお話しをすることはご本人からの承諾をいただいています。)
 

彼女は性同一性障害です。

これまでさまざさまな葛藤とも向き合い、これからは! !女性として社会で生きていこうと努力されてきた方です。
 

その頑張りは、横で見させていただいていても強く感じ伝わっていました。
 

そして、それがあったからこそ! !今こうして可愛らしい女性としての姿を見ることができ、本当に素敵だなと私も思います。
 


『性同一性障害』
今では知識も広まり、随分 理解もされるようになってきましたね。
 

それでも、彼女が社会に出て働いていこうとすると、面接の時点で偏見を感じる事が多くあるそうです。
 

そして、それが続くと自信もなくなり 悲しくなる そこに怒りもわいてきて戦ってしまう・・・苦しい・・・どうしたらいいのだろう?
と、先日はお話しをされていました。
 

それはそうですよね。
何か自分全体を否定されたような気持ちになってしまうかもしれません。
 


そう話し続ける彼女は、必死で 体もガチガチ緊張状態 終には胃まで痛くなってきていました。
 

それを見ていて、私はふとこう言っていました。

「疲れたでしょう?」
「はーもう、疲れたね。」
「疲れたねー疲れた疲れたー」
「話すのをやめて、体の力を抜いてもいいですよ。」
 

すると!彼女は『んっ??』と言い、急に体をグニャグニャにして『ふーっ』と、リラックスし始めたのです。


そして、そこからの気づきが本当に素晴らしかったのです。
 

彼女は今までずっと戦っていたそうです。

戦っていたから、負けると悲しい。
戦っていないなら、もう負けることもない。
もう、戦うのをやめる!

 

きっと、悔しくて悔しくて 悲しくて悲しくて 苦しくて苦しくて…
その気持ちをいっぱい感じきってきたからこその言葉だったように思います。
 

後日、ご報告をいただきました。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓


あれから、面接の話が来て、マジですか?!とびっくりで、急いで面接に行ってきました。

戦わない、勝負しないと決めていて、争わないようにしていたら、電話もスムーズに進み、穏やかに話が進みました。

性同一性障害は全然問題にならないと企業の方に言われたのは初めてです。

戦わない、勝負しない、争わないでいるとこんなにも面接は楽になるのかと感動すらしました。

もう一生、戦わない、勝負しないということをやろうと決めました。

昨日は、戦わない、勝負しない、争わないとずっと言っていました。

そして、その方が身体も心も楽であることに気づき、これからはそうしようと思っています。




カウンセリングの帰り際には、ノリノリで♪♪♪おもしろいジョークを言って私を笑わせてくれました。

私の方が元気をいっぱいいただいた1日となりました。

自然と人を明るく楽しい気持ちにできる方って、本当に素晴らしいですね。

お会いするたびに、彼女の素敵な部分がどんどん輝き始めています。


嬉しいです。
(*^_^*)いつも ありがとうございます。



よければ応援クリックをよろしくお願いします。(^−^)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ


〜メンタル心理こころの声〜
http://kokoro-no-koe.com/
posted by kokoronokoe ★^ ^★ | 18:00 | こころの声 | - | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 18:00 | - | - | - |
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック