Search this site
性的虐待・レイプ被害の癒しについてお話しています。
<< 「だいじょうぶ」と、言葉にすることとは・・・ | TOP | 壮絶な人生の後にみたもの >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
トラウマによる男性(または女性)に対しての過度な警戒心
JUGEMテーマ:性的虐待・性暴力の心の癒し


性暴力の加害者が男性(女性)であると、過度に男性(女性)に警戒心をもってしまうことがありますよね。


それは実際に起きたことを考えてみれば当然のことだと私は想います。


頭では今、目の前にいる人は加害者ではないとわかっているのにもかかわらず
無意識は過剰反応してしまうので、意識ではどうすることもできずにとても苦しみます。



実際にこのことににより大切なパートナーや援助者を失ってしまうことは多く、悲しい事実です。


でも (これは女性側からのお話ですが・・・)

正直、性暴力を受けられた方ではなくても女性であれば 「この男性は信用できるだろうか?」と、
じっくりと観察してからお付き合いをされますよね。


会った瞬間、だれにでも心を全開に❤オープンにしてしまう方も
もしかしたら問題があるのかもしれませんね・・・(^−^);


そして、それとここでいっていることとは全く違うことですが
じつはこの考えを応用してみることができます。


もし、つぎに男性(女性)に対して強い警戒心を感じてしまったとしたら!!

今度はその人が、どんな話し方で…どんな行動をし…どんな表情をし…
時間をかけて話しているとどんな態度をみせるようになるか…などを観察し注意を向けてみてください。

どんな服装をしていて、どんな癖があるのか、どこにホクロがあるのか?!
などに注意を向けてみることも、案外おもしろい発見があるかもしれません。

そしてそこから、何か以前と変わったことがないか?今度は自分を観察してみます。


この方法は、その人を信用できるかできないかと判断することではないので
気軽にやってみると何か新しい変化が起こるかもしれないとてもよい方法です。


今日はここでお話させてもらいたい私からのオススメのひとつでした。
・・・(^−^)/



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ
よければ応援クリックをよろしくお願いします。(^−^)


〜メンタル心理こころの声〜
http://kokoro-no-koe.com/







posted by kokoronokoe ★^ ^★ | 16:00 | こころの声 | - | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 16:00 | - | - | - |
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック